七五三の記念には子供写真スタジオがオススメ

子供が産まれるとなにかと、節目のイベントが多くなりますね。
そんな行事を一区切りとして子供の晴れ姿を写真に収めておきたいと思うのが親心。
しかし、すぐに成長してしまう子供にどれぐらいの予算を立てれるかというのも現実に考えなければなりません。

七五三は、女の子は三歳と七歳、男の子は五歳の時に、近所の神社やなどへ晴れ着を着ていき、それまで成長できたことへの感謝と、今後の健康をお祈りする行事です。
しかし、子供はすぐに成長してしまうもの。昔のように親戚同士で譲り受ける事や、貸し借りができる家族も少なくなってきたのではないでしょうか?

女の子は三歳と七歳の着物を用意するとなると、記念に取っておくとしても少しもったいない気もします。
そこで私がおすすめするのは、子供写真館やスタジオ〇〇のような、子供の記念写真を主に取り扱っている写真スタジオです。
私の子供も、七五三の時期に近所の写真スタジオを利用したので、なぜオススメなのか説明したいと思います。

【メリット】
1[手軽さ]着物や着付けなど行わなくていいので写真スタジオへ予約したら、お財布だけ持っていけばいい手軽さです。スタジオ内にすべて用意されていてそれを選べばすぐ撮影なので、撮影に必要な物は何もいりません。
2[スピード]子供ばかり相手に写真を撮るプロです。私が利用したお店は女性達で編成されたチームでした。子供の扱いのプロでしたね。子供がぐずらないよう素早く着替えを終えさせて、ササっと髪の毛もまとめ、チャチャっとメイクを終わらせます。写真を撮るスピードも目にもとまらぬ速さで子供を笑わせてバシバシ撮影を終わらせます。撮影に入るまでは30分もかかってないと思います。
3[料金が安い]着物を購入した場合、2万前後の着物を買ったとして、着付けメイク、写真館に言った場合はその費用も掛かります。しかし子供写真スタジオの場合は、用意してある着物の中から選べばそれで終わり。何枚撮影しても無料のところが多いです。ここで注意してほしいのは撮影が無料であって、写真を選ぶ枚数や台紙の値段で料金は変動します。つい可愛いからとアレもコレもと購入しようとしたらめちゃくちゃ料金がかかるので注意してください。
当時、着物1枚とドレス1枚の写真でB6サイズ、キーホルダーを購入して1万数千円でした。現在はまた料金も変わっているかもしれないので、気になる店舗がある場合はご自身で確認してみてください。
3[着物だけじゃない!]上にも書きましたが、つい子供可愛さに3歳児時にはピンクのドレスと、7歳時には白い天使のドレスを着せて撮影してもらいました。他にも普段着ないような衣装が選べるので、着物一枚にドレス1枚など衣装を変えて写真を撮れるのもメリットですね。

【デメリット】
1[手元に着物は残らない]当たり前ですが、着物は購入ではなくスタジオ内で撮影時だけのレンタルです。着たまま外出などはできませんので、着物のレンタルともまた別物です。
2[気に入った着物を選べない]スタジオの着物を使用する場合は、あまり種類はないので、子供にあったデザインを探すというよりは、似合う色で選ぶような感じです。おしゃれな方や着物にこだわりがある方にはあまり子供写真スタジオでレンタルしての撮影はオススメしません。

ご家庭によってはデメリットもたしかにありますが、着物を用意して着付けヘアメイクをし、お参りとあいさつ回りに連れ歩くとなると、子供も窮屈で大変です。記念写真は着物を着ても、お参りや食事会、あいさつ回りは可愛いドレスやワンピース、スーツにしてあげるのが親の負担もなくていいですよ。 
七五三などの記念撮影の敷居がだいぶ低くなったと思います。是非こういった手軽でリーズナブルなサービスを使って沢山の思い出を写真に残してください。